会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag


TOPJACについてJACの歴史 > 業界の歴史

業界の歴史History of Japanese Profession

日本カイロプラクティック総連盟 (JCA)

  日本カイロプラクティック総連盟 (JCA:Japanese Chiropractic Association)は、1961年(昭和36年)に全国7団体の指導者が集まって誕生しました。7団体は、日米カイロプラクティック協会、関西カイロプラクティック協会、日本カイロプラクティック協会、日本カイロプラクティック医連盟、全日本カイロプラクティック協会、山形カイロプラクティック協会、日本カイロプラクタース協会です。その後、東京カイロプラクティック協会、香川カイロプラクティック協会、藤川整形外科カイロプラクティック協会、北陸カイロプラクティック協会、関東カイロプラクティック協会、オリエンタルカイロプラクティック協会、旭川カイロプラクティック協会、手技整形カイロプラクティック研究会が新たに加わり、計15団体が加盟しました。団体加盟制から個人加盟制に移行し、その後、カイロプラクティック業界において長年の歴史と実績を作りました。カイロプラクティック誕生百周年の1995年(平成7年)、JCAは豪州州立大学RMIT(ロイヤルメルボルン工科:Royal Melbourne Institute of Technology)大学と提携し、日本で唯一の国際基準を満たしたRMIT大学カイロプラクティック学科日本校(RMIT University Chiropractic Unit-Japan)を開校しました。以来、JCAは積極的にRMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック: Tokyo College of Chiropractic)を支援しています。


カイロプラクティック 日本の20世紀

  1916年から2000年までの日本におけるカイロプラクティック業界の歴史