会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag


TOP > 一般の方へ > よくある質問

よくある質問
FAQ

信頼できるカイロプラクティック治療院は?

日本にはカイロプラクティックの法律がなく、誰もが自由にカイロの看板を掲げられるので数の把握もできないのが実情です。そのため、いい加 減なカイロプラクティックも増加しています。JACでは、正規の教育を受けたカイロプラクターからなる指定治療院をご紹介しています。詳しくは『JAC認 定カイロプラクティックオフィス』をご参照ください。

カイロプラクティックは危険じゃない?

カイロプラクティックは米国を初め世界各地で法律で認められ、免許制度があり保険も適用されています。教育はカイロの専門学校で高卒後 5~6年学び、公立の総合大学にもカイロ科が多数あります。1895年以来、100年の発展はカイロの安全と有効を物語るものです。ただし日本には免許制 度や法規制がなく、未熟な人がいますので、知人に紹介してもうらうか、JAC会員のカイロプラクターにご相談ください。

カイロプラクティックは万病に効く?

最近は減りましたが、難病、奇病に効くという誇大広告には困ったものです。もちろん、カイロプラクティックにも限界があり、私たちは適応と 禁忌の区別を常に指導しています。 カイロプラクティックの得意分野はなんといっても、筋肉骨格系を中心とする腰痛、背部痛、頸部痛、肩腕、股関節、膝などの疾病です。そのほか自律神経失調 症、内臓機能低下、生理痛、冷え性などにも効果があります。整形外科とは違い外科的なことは扱いません。また、癌、細菌性の病気、伝染病などはカイロプラ クティックの禁忌です。

カイロプラクティックと他の療法との違いは?

指圧は軟部組織、筋肉を対象にした母指指圧。接骨は柔道から生まれ骨折、捻挫、脱臼などの外傷を扱います。いずれも日本独特の療法です。鍼灸は針やもぐさを経絡にそって使用した中国からの療法です。 カイロプラクティックは関節、神経を対象にした米国生まれの自然療法で、世界中に広まった脊椎ヘルスケアの職業です。よく民間療法の整体と混同する人がいますが、大正時代に始まった整体は学問的に系統だったカイロプラクティックとは本質的に異なり、専門の教育が存在しないため名称そのものの定義も多岐にわたっています。

カイロプラクティック治療は痛くありませんか?

カイロプラクティックと称して乱暴な治療をする人がいますが、大変困りものです。正しいカイロプラクティックは痛いどころか気持ちのよい治 療で子供から老人まで安心して受けられます。老化した骨でも骨折などの危険はまったくありません。また、時により最初の治療後1~2日間『痛だるさ』を感 じることがありますが、これは好転反応ですから心配はいりません。

カイロプラクティックは家庭療法になりますか?

高度な教育を受けたカイロプラクターにしか病気治療はできません。ただ、背中を手で押すくらいの程度ならば自宅でもできるでしょう。また、 カイロプラクティック理論に基づく姿勢の維持、体操療法なども応用できるでしょう。また、誰でも簡単に背骨の矯正ができるといった宣伝や広告には十分注意 してください。

カイロプラクティックは癖になりませんか?

長年カイロプラクティックの治療を受ける愛好家がいます。この話を聞いて『癖』になるのではないかと心配する人がいます。しかし、カイロプ ラクティックを健康管理として利用している人が多いので誤解されてしまうのです。どんな薬や治療があっても自分の健康は自分で守るという自力本願的な心構 えがなくてはいけません。その上で、健康管理の一つとして、自然療法のカイロプラクティックを選ぶなら最高でしょう。

妊娠中にカイロプラクティックを受けられますか?

妊娠中に腰痛を起こす人は多いものです。こんなときカイロプラクティックは大きな手助けとなります。妊娠初期、臨月近くはもちろん、産後の 腰痛にもカイロプラクティック治療は効果を発揮します。これらは構造的な変化に基づく腰痛だからです。ただ、素人の目には胎児に悪影響を与えないだろうか という心配があるようです。カイロプラクターはどんな場合にも対処できる経験を積んでいますので安心です。

カイロプラクティックには保険が使えますか?

日本にはカイロプラクティックの法律がないので保険診療ができません。しかし、米国ではカイロプラクティックの法律がありますので、米国に 行けば日本人旅行者も、保険でカイロプラクティック治療を受けることができます。国民の立場からすると、保険料を支払っている以上、カイロプラクティック 治療もその適用対象にしてほしいとの要望があるのは当然です。

カイロプラクティックを学びたい

現在、世界には約40校の国際基準のカイロプラクティック教育機関があります。国際基準の教育とはCCE基準に則った4~6年間の約 4200時間以上の全日制教育のことをいいます。解剖学、生理学、病理学、生体力学、神経学などの基礎医学全般とレントゲン学やカイロ原理・業務などが教科にあります。国により、カイロ大学の入学条件は異なります。 日本には1校、CCEA認可の東京カレッジ・オブ・カイロプラクティックがあります。

CSCプログラムとはなんですか?

CSC(カイロプラクティック標準化コース)プログラムとは、国内の開業者(短期養成学校卒業生)対象の特別経過措置プログラムです。海外の教育機関との提携で行われたJAC 承認のCSCプログラムは2012年で全て終了しています。JACの許可なく「承認CSCプログラム」や類似のプログラム等を宣伝しているところもあるようですのでご注意ください。近々CSCに代わる日本カイロプラクティック登録機構(JCR)主導による再教育プログラムが計画されています。

安全教育プログラムとはなんですか?

2012年に独立行政法人国民生活センターが「手技による医業類似行為の危害」を発表し、その後のセンターからの要請を受け、JACは、WHOガイドラインの基準の教育を受講していない従事者対象にWHO基準のレベルに高める再教育プログラムを考案し、教育の運営を東京カレッジオブカイロプラクティックに委託しました。プログラム修了後、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)の試験に合格することで資格登録機関であるJCRへ登録されます。登録名簿が社会に公示されることにより、消費者がより安全性の高いカイロプラクターを選択できるようになります。

WHOの基準を満たしたカイロプラクターは国内に何人いますか?

WHOのガイドラインに記載されている教育基準を満たしたカイロプラクター(カイロプラクティック大学卒業生もしくはJAC承認のCSC修了者)である、日本カイロプラクティック登録機構(JCR)の登録者は2015年11月現在、約470名です。JCR登録者名簿は定期的に厚生労働省へ提出され、名簿は保管されています。JCRは年一回、カイロプラクター登録のための国際カイロプラクティック試験委員会(IBCE)による統一試験を実施しています。詳しくは日本カイロプラクティック登録機構(JCR)のサイトをご覧ください。