会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag


TOP >カイロプラクティックについて > カイロプラクティックの歴史

カイロプラクティックの歴史
History of Chiropractic

はじまりから日本での発展まで

カナダ生まれの米国人、D.D.パーマー(ダニエル・デービッド・パーマー)によって1895年(明治28年)に創始された脊椎徒手療法です。現在では大学で専門教育を修了した者が行う脊椎ヘルスケア(保健医療)として多くの国々で職業として認められています。

パーマーが設立したアイオワ州ダベンポートにあるパーマー・スクール・オブ・カイロプラクティックを卒業した川口三郎(かわぐち さぶろう)により、1916年(大正5年)に日本へ伝えられました。1918年当時、川口の働きかけにより日本で最初のカイロプラクティックの規制「神奈川県令(大正七年度)脊椎骨調整術(カイロプラクティック)営業取締規則」が施行されました。この県令は戦後の1947年にGHQにより廃止されました。

日本人最初のカイロプラクターは1907年に外国人として二番目にパーマースクールを卒業した森久保繁太郎(もりくぼ しげたろう)ですが、彼は米国で生涯を過ごしました。戦前アメリカに留学して帰国したカイロプラクターは田中酉造、芹野伊勢吉、金沢督、大澤昌壽、小平粂重、千葉忠八、幡谷高山、横矢重孝、鈴木泰三、櫻庭豊、鴨原伊直、桜井真一、桜井静子など14名ほどいましたが、戦争のため留 学生や海外の情報も途絶えました。1969年に戦後初のカイロプラクター、竹谷内一愿(たけやち かずよし)がナショナル・カレッジ・オブ・カイロプラクティックを卒業し帰国しました。

1980年代後半になるとカイロプラクティックの事故による有罪判決があり、カイロプラクティックを危険視するマスコミ報道が増えました。カイロプラクティック誕 生百周年の1995年にカイロプラクティック教育審議会(CCE)の認可を取得したカイロ大学と同様な国際教育基準を導入した日本初のカイロプラクティック教育機関であるRMIT大学カイロプラクティック学科日本校(現在の東京カレッジ・オブ・カイロプラクティック)が誕生しました。

2014年から日本カイロプラクティック登録機構(JCR)が日本で初めてカイロプラクターの登録制度を開始し、登録者名簿は厚生労働省へ定期的に提出されてています。現在では、世界約45の国と地域(アメリカ、カナダ、オーストラリア、イギリス、フランス、スイス他)では、カイロプラクティックがプライマリーケア(第一次医療)の医療資格として認められています。

D.D.パーマー 森久保繁太郎 川口三郎 カイロプラクティックの基礎教育と安全性に関するガイドライン(原本・英語版)
D.D.パーマー
(1845-1913)
森久保 繁太郎
(1876-1993)
川口 三郎
(1885-?)
カイロプラクティックの基礎教育と
安全性に関するWHOガイドライン
カイロプラクティックの歴史
1895年 米国アイオワ州ダベンポートでDDパーマーによりカイロプラクティックが創始される
1897年 最初のカイロプラクティック教育機関、パーマースクール開校
1907年 森久保繁太郎、日本人初のカイロプラクターとなるが米国で生涯を過ごす
1915年 ノースダコタ州で全米初の法制化 (全米最後の法制化は1974年のルイジアナ州)
1916年 川口三郎、帰国してカイロプラクティックを日本に始めて紹介する
1918年 神奈川県でカイロプラクティック取り締まり規制が制定
1923年 アルバータ州でカナダ初カイロプラクティック法制化
1933年 FCLB の元となるカイロプラクティック州免許委員会が設立
1939年 スイス・チューリッヒ地方で、北アメリカ以外で初の法制化
1944年 奨学金や研究に関わるFCERの設立
1963年 州試験の統一性を図るためNBCE(ナショナルボード)設立
1969年 戦後初の日本人カイロプラクター、竹谷内一愿が帰国する
1974年 米CCEが政府に認可されカナダ、ヨーロッパ、太平洋州に広がる
1979年 ニュージーランド政府がカイロの有効性を認める報告書作成
1987年 ウィルク裁判で米国医師会が敗訴、カイロプラクターの勝利
1988年 80ヶ国以上が加盟するWFC(世界カイロプラクティック連合)設立
1995年 カイロ生誕100周年記念が全米各地で開催される
1995年 日本初の国際基準教育機関、RMIT大学日本校開校
1997年 WHO(世界保健機関)のNGOにWFCが正式加盟
1999年 JAC(日本カイロプラクターズ協会)がWFC日本代表団体として加盟
2005年 RMIT大学日本校、日本およびアジア地域初のCCE認可校となる
2005年 WHOによるカイロプラクティック・ガイドライン完成
2006年 WHOガイドラインの日本語版完成
2006年 日本で二番目の国際基準教育機関、マードック大学インターナショナル開校(2010年閉校)
2008年 WHO伝統医療学会ヘルスケアの手技療法シンポジウムが北京で開催
2009年 RMIT大学日本校が東京カレッジ・オブ・カイロプラクティックへ名称変更
2011年 日本初のカイロプラクティック統一試験(JCR登録試験)がJCRとIBCEにより開催
2012年 東京カレッジ・オブ・カイロプラクティックがCCEAより認可を取得する
2013年 国民生活センターからの依頼による安全性と広告に関するガイドライン完成
2014年 国内で初めてJCRからカイロプラクター名簿が厚生労働省へ提出される
2016年 国内で川口三郎によるカイロプラクティック伝来100周年を祝う