会員専用ページの閲覧にはJAC会員のIDとパスワードが必要です。

Healthy Back Bag


TOPWFCについてニュース> 2005年 シドニー総会

2005年 シドニー総会WFC News

2005年度 第8回WFC総会へ役員出席 The JAC members at the 8th WFC Assembly

日本の発表をする中塚裕文会長2005年6月13日から15日まで第6回WFC総会がオーストラリア、シドニーのクラウン・プラザホテルで開催されました。今回の総会ではWFC世界7地域の役員全員が出席しました。日本カイロプラクターズ協会からは中塚祐文会長、竹谷内一愿顧問と竹谷内啓介事務局長の3名が出席し、主に会議の中ではアイデンティティー調査での「脊椎ヘルスケアの専門家」としての統一見解の発表やWHOとの共同ガイドライン作成についての報告がありました。それ以外にも運動器の10年(Bone and Joint Decade)や禁煙運動(Anti-Smoking Campaign)などWHOとの共同研究や活動などが徐々に増え始めてきています。

↑日本の発表をする中塚裕文会長

アイデンティティー調査に関わった人々 アイデンティティー・コンサルテーションにはJACも7千ドルの寄付をしました。日本代表として中塚会長が15分のスピーチを行い日本のカイロプラクティック業界の現状とこれからJACが計画している登録機構や統一試験などの案について発表しました。その後、非公式の日本のカイロプラクティック教育会議が開催され、2005年にJCEC(日本カイロプラクティック教育協議会)主導で行う予定であった教育会議が中止になったことや、方向性がなく内容が不明なCSCが乱立していることへの危惧について話されました。JACとしては今後このようなことを含め業界の改善に取り組んでいく方針であることを打ち出しました。
→アイデンティティー調査に関わった人々

オーストラリア最大の街、シドニーで開催 The venue, Crowne Plaza Hotel and Convention Center in Darling Harbour, Sydney

オーストラリア最大の街、シドニーで開催オーストラリア近代の歴史は、キャプテンクックが1770年にシドニー、ボタニー湾へ上陸して始まりました。英国植民地として、初期の頃はイギリスから囚人が送り込まれてきました。連邦政府として、1901年にはイギリスから独立し、「オーストラリア」という国家が設立されました

オーストラリアカイロプラクターズ協会現在では、多国籍多文化国家として多くの移民を受け入れています。WFC総会はオーストラリア最大の都市、シドニーのダーリングハーバーという地区にあるクラウン・プラザホテルで行われました。市街の中心街へのアクセスにも便利な場所にあり、夜はオペラハウスとハーバーブリッジが近くから望めました。現在、オーストラリアには数千名のカイロプラクター(DC)が開業していると言われ、現在では法律で保護されています。3つの異なる州に大学が存在し、毎年、500名近くの卒業生が輩出されるようです。CCA(オーストラリアカイロプラクターズ協会)はWFCの代表団体として、日々人々の健康に貢献しています。

オーストラリアカイロプラクターズ協会へのコンタクトは
ここをクリック

研究発表のポスター展示で渡辺先生優秀賞受賞 Dr. Watanabe receives the first award in the poster session

研究発表のポスター展示で渡辺先生優秀賞受賞クラウン・プラザホテルから徒歩15分のところにあるシドニー・コンベンションセンターでコングレス(展示会)、研究発表会、ワークショップなどが開催されました。今回、初めて多くの日本人がWFC研究発表会で発表し、日本カイロプラクティック連盟所属の医師、鹿島田忠史(かしまだ・ただし)氏、KCS・マードック大学CSC卒業の梅崎美香(うめざき・みか)氏と佃隆(つくだ・たかし)氏、RMIT大学大学院博士課程在籍の亀井憲(かめい・けん)氏と渡辺信博(わたなべ・のぶひろ)氏が発表しました。その中、ポスター部門に投稿したJAC会員の渡辺氏は「心脈管機能の自律神経調節に関する異なる体位の効果」という題目で見事、最優秀賞に輝きました。

写真左から:スコット・ハルデマンWFC研究部長、ブライアン・ケリーASRF会長、トニー・ロスナーFCER研究教育部長、バーバラ・ポラスRMIT大学カイロプラクティック学科研究部長、渡辺信博RMIT大学院生、トニー・メカルフェWFC会長